事務代行フリーランスのclover-biz

本業集中の時間作り 事務代行フリーランス

事務代行フリーランス プロフィール

事務代行フリーランス プロフィール

鈴木 美和子(すずき みわこ)

cloverbiz 鈴木美和子

  • 大学法学部法律学科卒業。
  • IT企業に就職、SEとして勤務する中で「大好きな犬に関わる仕事をしたい」と思い立ち、社会人対象のドッグアドバイザー養成スクールに通い卒業。
  • 2005年 犬の出張レッスン・イベント企画「clover」を立ち上げる。
  • 家庭犬の訪問レッスンやイベント企画などの活動と同時に、同じペット業界に携わる方からの依頼でウェブサイト制作、チラシや名刺作成などの広報業務、会場手配、セミナー受付などの庶務も請け負う。
  • 個人事業を営む方や中小企業社長をされているお客様から、犬の訪問レッスンと並行して営業事務や秘書業務の依頼をいただきはじめ、案件が増えてくる。
  • 「clover-biz」を新たな事業として立ち上げる

SE〜犬〜biz〜安住の場づくりへ 描くビジョン

ご依頼してくれたひとの、向こうにいるお客様のために。
秘書として、相談役として、担い手になる。

【学生時代】

「ヒトはどんなときに争うのか?」を専門的に学ぶため大学は法学部へ進学。
4年間で多くの交流の場において酒のもつ力と人間関係を知り、ヒトと関わるよろこびに目覚める。

【企業のSEとして】

卒業後新たな切り口をもとめ、コンピューターの時代のパイオニアを目標にSEとしてソフトウェア開発の世界に踏み込む。
しかし時間に際限のない日々と無機質な機械とはちがう「ヒトに関わり気持ちが通う仕事」を強くもとめるようになる。

【ナリワイのパートナーは犬】

対話とぬくもりを感じる仕事を生業にしたいと決め、ドッグトレーナー養成スクールへ。
プロを目指すという共通の目標にむかって、年齢も経歴もちがう仲間との歩みに自分の可能性を見出し、
2005年犬の出張レッスン・イベント企画「clover」を設立。
ドッグトレーナとして活動する。

【cloverでの10年】

世間のもつ、ドッグトレーナーのイメージをかえる
犬と飼い主の共生、飼い主の心に寄り添うレッスンが好評となり、実力、実績をかさねる。
犬の存在を通じて、「人」をサポートする仕事の軸を確信する。

【bizの種・芽吹く】

訪問レッスン、イベント企画など、ご依頼がふえていくなかで
様々な業種の経営者、起業家と交流するうちに、
前職(SE)で培ったwebサイト制作依頼、パンフレットから名刺デザイン作成などの相談が口コミで入るようになる。
トレーナーの仕事と同時にこなしながら、気づけばイベント会場手配まで手広く請け負うようになる。
無機質に感じてはなれた業界の仕事が、時間を経て、手元に戻り、必要とされることに気づく。
ここでまたひとつ
「人」のためになる、よろこばれるbizの種をまこうと決意。

【安住した場所をつくる未来】

2010年から日本に参入してきたコワーキングスペースやシェアハウスなどに注目。
あたらしい働きかた。
個人事業主のための安住の場所を、自分流に持ちたいと考える。
人が人をよび、つながり、育まれる場所を欲していた自身の経験を
近い将来に進化系の場を提供していきたいと考えている。

【スーパーNo.2とよばれて】

生きてきた道を思うと、部長ではなく副部長。
参謀役として役に立つことが多く、
あるトップの方に、
「君はスーパーNo.2だ!」といわれ、自分がサポートすることで誰かが心から喜んだり、生き生きとすることに何よりやりがいを感じる。
最高の縁の下の力持ちだというその言葉に活力を見出している。

【プライベート】

趣味・売れそうなお笑い芸人を発掘する
と公言しているものの、時代がわたしについてこないという理由で
なかなか売れた芸人さんに出会っていない。
唯一の期待の星は「笑い飯」

チェッカーズ一筋30年以上。
藤井フミヤ氏をはじめ、メンバーの活動を熱く応援し、
刺激的な曲、ファッション、発言をリスペクトしている。
「つらいときこそ楽しめ。」という彼らの発言は、自身の座右の銘となる。

2016/10/12